NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

コラム

アッレグリ監督が 3-4-2-1 へシフトすると予想したガゼッタ・デッロ・スポルト

ガゼッタ・デッロ・スポルトが11月3日付の記事で、アッレグリ監督がシステムを 3-4-2-1 に変更するのではないかと推測しています。この指摘について、現実味を考察してみることにしましょう。 PR //

【コラム】 ユベントスの守備陣に存在する問題点

2017/18 シーズンのユベントスはボヌッチ選手が退団したこともあり、守備陣が問題を抱えていると報じられています。ここでは守備陣が抱えている問題点をリストアップすることにしましょう。 PR //

【コラム】 イグアインの出来はどう評価されるべきか

2017/18 シーズンは10月の代表戦ウィークに突入しました。ユベントスのイグアイン選手はアルゼンチン代表メンバーから外れていますが、ここまでの出来を確認しておくことにしましょう。 PR //

【コラム】 2017/18 シーズンのユベントスが使用するフォーメーションは?

2017年夏の移籍市場が閉鎖したこともあり、2017/18 シーズンを戦う選手が確定しました。今季ユベントスがベースにするであろうフォーメーションを考察したいと思います。 PR //

VAR 導入に対する不満を解消するには TMO (ラグビー)やチャレンジ制度(NFL:アメフト)を参考とすべき

イタリアでは VAR (ビデオ・アシスタント・レフリー)制度が 2017/18 シーズンから導入されましたが、早くも問題点が浮き彫りとなっています。 「VAR を使って誤審」という事態も発生しており、改善は必要と言えるでしょう。VAR 制度を取り巻く環境を確認し…

【コラム】 2017/18 シーズンに向け、ユベントスに必要な補強ポジション

7月1日から新シーズンが始まることもあり、移籍が正式発表されるケースが本格化しています。2017/18 シーズンに向け、ユベントスが補強を必要とするポジションがどこなのかを整理することにしましょう。 PR //

ユベントスの選手・監督に対する通信簿 【FW編 2016/17】

2016/17 シーズンの公式戦を終えたこともあり、ユベントスの選手・監督への評価を続けたいと思います。評価は A〜D の4段階で、Aが最高評価という扱いです。 最終回となる第4回の評価対象は FW です。なお、第1回目の GK・監督編はこちら、第2回の DF 編はこ…

ユベントスの選手・監督に対する通信簿 【MF編 2016/17】

2016/17 シーズンの公式戦を終えたこともあり、ユベントスの選手・監督への評価を続けたいと思います。評価は A〜D の4段階で、Aが最高評価という扱いです。 第3回の評価対象は MF です。なお、第1回目の GK・監督編はこちら、第2回の DF 編はこちら、最終回…

ユベントスの選手・監督に対する通信簿 【DF編 2016/17】

2016/17 シーズンの公式戦を終えたこともあり、ユベントスの選手・監督への評価を続けたいと思います。評価は A〜D の4段階で、Aが最高評価という扱いです。 第2回の評価対象は DFです。なお、第1回目の GK・監督編はこちら、第3回の MF 編はこちら、最終回…

ユベントスの選手・監督に対する通信簿【GK・監督編 2016/17】

2016/17 シーズンの公式戦を終えたこともあり、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階で、Aが最高評価という扱いです。 第1回の評価対象は GK と監督です。なお、第2回目の DF 編はこちら、第3回の MF 編はこちら、最終…

【コラム】 選手層の偏りによる代償をチャンピオンズリーグ決勝で払うことになったユベントス

チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリードに 1-4 で敗れたユベントスですが、チーム力の差が如実に現れた結果と言えるでしょう。ただ、改善点は明確であるだけに “伸びシロ” になると考えられます。 PR //

【コラム】 ドンナルンマ争奪戦の現在地

アッズーリの正GKを務めることが時間の問題となっているミランに所属するジャンルイジ・ドンナルンマ選手が2月25日に18歳の誕生日を迎えたことで長期契約が可能となりました。「ミランと最初の長期契約を締結するのか」が1番の注目点ですが、現状を整理し…

【コラム】 ユベントスの 4-2-3-1 が抱える課題と将来像

"5 Stelle"、(チンクエ・ステッレ、5つ星)と地元イタリアメディアから称されるユベントスの 4-2-3-1 は試合を重ねたことで課題となり得る部分と将来像の輪郭が見えてきました。この部分を整理しておくことにしましょう。 PR //

【コラム】 アッレグリ退任の現実度

『サッカーダイジェスト』がジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の独占記事という形で「アッレグリ監督のユベントス退任」を何度か報じていますが、実際に起きる可能性はどのぐらい存在するのかを考察することにしたいと思います。 PR //

【コラム】2016/17 シーズンのユベントスが使用するフォーメーションは?

2016/17 シーズンが開幕したということで、ユベントスが今シーズンに起用すると予想されるフォーメーションについて考察してみたいと思います。

【コラム】 チーム史上歴代最高額でイグアイン獲得し、勝負に出たユベントスのフロント陣

チーム史上歴代最高額となる移籍金9000万ユーロでイグアイン選手を獲得したユベントスですが、この動きはチャンピオンズリーグ獲得に向けた勝負に出たと言うことができるでしょう。

【コラム】 ポグバの移籍金をどう有効活用するか

ポグバ選手がレアル・マドリードに移籍するための交渉が始まりそうだとの報道がメディアで本格化し始めました。 実際に移籍するとなった場合、その移籍金の金額は1億ユーロを超えると見られています。その資金をどう有効活用すべきかを考察することにしまし…

【コラム】 4+4ルールがユベントスに与える影響は?

来季(2016/17 シーズン)から本格導入される予定のイタリア版ホームグロウンルールはユベントスの補強戦略にも少なからず影響が生じる可能性があります。 現在のチーム戦力を基に、どういった選手を補強する必要に迫られるのかを想定してみることにしましょ…

2015/16 ユベントスが最も多く起用したフォーメーションは?

2015/16 シーズンのヨーロッパ主要日程が終了し、ユベントスが最も多く起用したフォーメーションも数字の上からも明らかとなりました。 今季、ユベントスが公式戦で最も多く使ったシステムとその回数は次のとおりです。

【コラム】 2016/17 シーズンに向けたユベントスの補強が必要なポジション

アッレグリ監督との契約延長が確実視されることもあり、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が英語版の記事で、ユベントスが来シーズンのために獲得が必要と見られる選手を取り上げていました。 この記事を基に、ポジションごとの補強の必要性を見ることにしまし…

【欧州ライバル診断】 バイエルン・ミュンヘン

チャンピオンズリーグの決勝ラウンドを間近に控えていますので、対戦相手となるバイエルン・ミュンヘンについて分析します。

ユベントス CB に生じた怪我人よりも、バイエルンの方が深刻

ユベントスは DF 陣に怪我人が発生しており、バイエルン・ミュンヘン戦に向けて不安があると報じられています。不安が生じていることは事実ですが、対戦相手のバイエルンも状況は思わしくないと言えるでしょう。

ユベントスが欧州で躍進するには怪我人を減らすことが不可欠だ

セリエAではナポリとユベントスの2強対決の様相が色濃くなって来ていますが、両チームには負傷者という点で大きな違いあることを『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じています。

マンジュキッチに対する罵倒問題:連盟は“目を背け”、デ・ロッシは表面上の謝罪

セリエ第21節のユベントス対ローマ戦の最中に物議を醸したローマのデ・ロッシ選手による “差別発言疑惑” ですが、収束する気配を見せています。

レアルとアトレティコに対する1年間の補強禁止処分、ユベントスに対する影響は?

FIFA がレアルとアトレティコのマドリードの2チームに対し、今後2回の移籍市場における補強禁止処分を下したことがニュースとなっています。 この補強禁止処分がユベントスにどのように影響するかを考察することにしましょう。

2016年の移籍市場は監督の大移動が起きる?

2015年夏の移籍市場ではトップクラスの GK が玉突き的に移籍する動きが起きました。2016年はチームを率いる監督が移籍市場の中心となる可能性があります。

復調したユベントス、この勢いを年明けも継続できるかが鍵だ

11月の代表戦ウィークにはフィアットのジョン・エルカン会長から「クリスマスまでの残り全勝」を義務づけられていたユベントスですが、アッレグリ監督はノルマを見事に達成しました。 該当するリーグ戦の成績は下表のとおりです。

【コラム】 2015/16 UEFA CL ラウンド16、ユベントスが対戦する可能性の高いチームは?

UEFA チャンピオンズリーグ決勝トーナメントに進出する16チームが確定し、日本時間12月14日午後8時から抽選会が行われます。 理論値から計算すると、ユベントスはどのチームと対戦する可能性が高いのかを求めてみることにしましょう。

【プレビュー】 2015/16 UEFA CL 第6節 セビージャ対ユベントス

現地時間12月8日にユベントスはセビージャのホーム、エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンでチャンピオンズリーグ第6節を控えています。 グループ首位通過を賭けた1戦となるのですが、その状況を整理することにしましょう。まずは順位のおさらい…

【プレビュー】2015/16 UEFA CL 第5節 ユベントス対マンチェスター・シティ

現地11月25日にユベントスはホームにグループ首位に立つマンチェスター・シティを迎えます。チームはグループリーグ突破を年内最初の目標に掲げていますが、その突破条件を確認することにしましょう。 第4節を終えた時点での順位表は下表のとおりです。